話し合いが基本となる債務整理

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

借金返済ができなくなって行う債務整理には4つの方法があります。借金が返せなくなると自己破産ということばのみをイメージする方も多いようですが、借金を整理することを目的としているため、利息をカットする、借金総額を減額する、借金額を全て帳消しにするなどのさまざまな方法があります。弁護士の無料相談サービスを利用して、収入状況や借入金額、所有財産の有無や返済能力など総合的に判断して、最も自分に合った方法を選ぶといいでしょう。債務整理を希望される方は、借入先が複数に及ぶ多重債務者であることが多いようです。

債務整理には、債権者との話し合いを想定した2つの方法があります。そのひとつが「任意整理」です。債権者と話し合うことによって借金の返済額や借金総額の見直しをするもので、弁護士や司法書士などの専門家に手続きを依頼して、利息を再計算したり支払方法の変更について交渉をしたりして解決を図ります。最近、よく耳にする過払い金の返還もこの任意整理に含まれるものです。もうひとつが「特定調停」といわれるものです。調停委員立ち合いのもとに簡易裁判所で債務者が債権者と借金総額の減額や分割払いなどの支払い条件の返納などについて交渉をするものです。

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket