弁護士の無料相談がおすすめ

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

4つの種類がある債務整理のなかで、最も利用頻度が高いものが任意整理です。弁護士や司法書士などの専門家に依頼するものの、裁判所を通すことなく直接債権者と交渉することによって債務を減額してもらうもので、私的な手続きとなります。
個人再生は、任意整理と比較して債務の圧縮率が高く、持ち家などを失うことがないというメリットがあるため、借金額の多い方に選択される傾向があります。

借金の額が5,000万円以下の方が、住宅などの財産を手放さずに借金を減額できる制度です。借金の返済が困難なこと等を裁判所に認めてもらうことで、最低返済額を最大10分の1(借金の額等により異なります)まで減額できる(住宅ローンは除かれます)可能性があり、その減額された金額を3年~5年かけて分割で返済していくことになります。

自己破産は、最後に選択するべきものであると言われることがよくあります。抱えている借金が全て消えてなくなるのは何よりも嬉しいことですが、20万円以上の財産は全て失うことになるため、安定した収入がないと破産手続きをしたあとの生活に不安が残ります。

できれば債務整理などしないでいいように借金をしないことが理想です。しかし、ローンや借金という制度があるからこそ、生涯の夢であるマイホームを建てたり、子どもに留学させてあげたり、などのことができるのであり、ビジネス面でも、新規立ち上げや事業拡大のための融資があるからこそ社会が活性化されているという事実もあります。返せない額の借金はしないこと、また、債務整理を考える場合は、本当に返済することができないかということをよくよく検討してから、弁護士の無料相談を活用して一番いい方法を選ぶようにしましょう。

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket